仙台市泉区桂の歯医者、桂歯科クリニック

審美歯科

歯を白く美しく治療します!

審美歯科とは
審美歯科とは、歯を白くするだけではなく、事故で欠損した歯を他の歯と変わりなく治療したり、目立ってしまう詰め物を目立たない詰め物にする等、総合的な歯の美しさを修復する治療のことを言います。

保険外治療が多いものの、治療後の満足感は格段にあがるはずです。
歯面清掃機
|歯面清掃機
重炭酸ナトリウム(重曹)パウダーと水を歯面にジェット噴射することで、タバコのヤニや落ちにくい歯のすき間の着色等を短時間で効率的に除去します。
歯面を傷つけにくく汚れを落とすため、術後はきれいな歯面を取り戻し舌触りの滑らかさを実感できます。
歯面の汚れやおうとつなどでお困りの方はお気軽にご相談下さい。

セラミック治療

セラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。とても白く美しい歯にすることができます。

セラミックインレー

セラミックインレー
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。
金属の詰め物が気になる方におすすめです。
ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。

治療費はやや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりになります。

セラミッククラウン

セラミッククラウン
セラミック(陶器)のみで作られた歯のかぶせものです。金属を全く使用していないので、金属アレルギーの方も安心して装着頂けます。

色調や透明感に優れているので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができます。そのため、前歯など目立つ部分の歯の治療にも適しています。
歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善できます。

審美歯科に使われる主な素材

ジルコニア

ジルコニア
強度としなやかさ、美しさを兼ね備えた、セラミックの中のセラミックとも言える歯科材料です。オールセラミックスにジルコニアを使用することで、従来のセラミックでの強度の心配がなくなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなど使用範囲が大幅に広まりました。

オールセラミック

オールセラミック
オールセラミックは金属を使わずに、特別な人工歯質材料(セラミック)を用いて作り上げます。強度が強く色も自然に美しく作ることが出来ます。金属を一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック
オールセラミックの場合、材質が硬すぎるため咬む力がかかる奥歯などに使用した場合、咬み合わせる自分のを傷めてしまうケースがあります。その欠点を改善したものが、ハイブリッドセラミックです。硬いセラミックに粘りのあるレジン樹脂を混ぜることによって、咬み合わせる歯に優しく、奥歯に適した素材になりました。

メタルボンド

メタルボンド
メタルボンドとは金属のまわりにセラミックを貼り付けたかぶせものです。中側が金属なので強度はオールセラミックより上がります。表面はセラミックで出来ているため、自然な色合いで審美性にも優れていますが、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こるケースもあります。比較的強度が必要な個所の治療に適しています。

審美歯科の症例

歯を削らずに隙間を埋める治療

歯を削らずに隙間を埋める治療
保険外(私費)診療
【歯を削らずに隙間を埋める】
20,000円

※別途消費税を頂戴致します

欠けた歯の修復

欠けた歯の修復
保険外(私費)診療
【欠けた歯の修復】
1歯35,000円


※別途消費税を頂戴致します

ポーセレンインレー(e-max)による修復

ポーセレンインレーによる修復
保険外(私費)診療
【ポーセレンインレー(e-max)による修復】
小臼歯50,000円 大臼歯60,000円

※別途消費税を頂戴致します

金属を白い歯に(ハイブリッドレジンインレー)

金属を白い歯に(ハイブリッドレジンインレー)
保険外(私費)診療
【ハイブリッドレジンインレーによる修復】
1歯25,000円


※別途消費税を頂戴致します

残存歯質はできるだけ残し修復(ファイバーポスト付きハイブリッドポストアンレー)

残存歯質はできるだけ残し修復(ファイバーポスト付きハイブリッドポストアンレー)
保険外(私費)診療
【ファイバーポスト付きハイブリッドポストアンレーによる修復】
1歯35,000円


※別途消費税を頂戴致します

ジルコニアジャケット冠による修復

ジルコニアジャケット冠による修復
保険外(私費)診療
【ジルコニアジャケット冠による修復】
1歯110,000円


※別途消費税を頂戴致します

陶材焼き付け冠でも金属の露出をできるだけ少なくすることもできます(フルベークタイプ)

陶材焼き付け冠でも金属の露出をできるだけ少なくすることもできます(フルベークタイプ)

漂白の症例

漂白の症例

現状を変えずにレジン充填で修復した症例

現状を変えずにレジン充填で修復した症例

診断および治療方針

①:陶材焼き付け冠辺縁不適合➡露出根面レジン充填
②:歯頚部レジン充填物摩耗➡レジン充填
③~⑨:くさび状欠損➡レジン充填

変色歯を漂白とレジン充填で修復した症例

変色歯を漂白とレジン充填で修復した症例

行った処置

1.歯の変色➡無髄歯の漂白
2.色が合わなくなったレジン充填➡再充填

前歯の隙間を修復した症例

前歯の隙間を修復した症例

う蝕と歯肉の変色を修復した症例

う蝕と歯肉の変色を修復した症例

行った処置

1.う蝕➡レジン充填
2.歯肉の着色➡歯肉の漂白

低位の犬歯を歯を抜かずに陶材焼き付け冠で治療した症例

低位の犬歯を歯を抜かずに陶材焼き付け冠で治療した症例